「東浦和インプラントセンター」インプラントは豊富な臨床経験と高い技術、安全な設備 埼玉のこばやし歯科 JR武蔵野線 東浦和駅から徒歩1分

東浦和インプラントセンター/さいたま市東浦和の歯医者さん、こばやし歯科/インプラント さいたま
クリニック案内 診療設備 院長/ドクター紹介 こばやし歯科公式サイト
メールでのお問い合わせ/ご相談はこちら















こばやし歯科 東浦和本院 はこちらから
こばやし歯科のブログ
こばやし歯科医院トピックス
日本口腔インプラント学会日本再生医療学会
診療設備
 
インプラント/外科用オペ室

半個室の外科用オペ室
診療機器のご案内
歯科用CTスキャン   マイクロスコープ
通常、歯科で使用されているデジタルレントゲンが2次元撮影(平面撮影)であるのに対して歯科用CTスキャンは3次元つまり立体で撮影が可能です。
複雑な形態をしている部分に対して有効な情報が得ることができ、放射線も極限まで低減し従来のレントゲン撮影の約1/5〜1/10ですので、より安全にインプラント手術が進められます。

マイクロスコープは電子顕微鏡の一種で肉眼では解らない部分も確認できます。より緻密で正確な治療を行なうことが可能です。
当院のCTスキャンは、デジタルレントゲンのような2D画像も撮ることが可能です。
もちろん、放射線の量は従来のアナログ・レントゲン比1/4と身体にも安全です。




ピエゾサージェリーはインプラント手術・歯周再生療法時に使用します。
強力な超音波により、口腔内の硬い組織(歯や骨)を超音波で削るので、軟組織を傷付けることがありません。
CTスキャン主装置 ピエゾサージェリー
シムプラント
シムプラントは、CT撮影された画像をコンピューター上で3D(立体)化する診断用の装置です。
この装置を使うことにより、正確に顎の骨の状態を知ることが出来ます。
電動麻酔装置
細い針を使い、麻酔薬の注入速度や量を自動的にコントロールして痛みをほぼ無くすことができます。
オペ用ライト
総合病院の手術室と同様に、専用のライティング・システムを備えています。
安全を保つ機器類も完備
生体機能情報モニター
歯科治療の安心安全をサポートする機械です。
血圧や動脈血酸素飽和度などを高い精度で測定します。
AED
AED(自動体外式除細動器)は、心臓が痙攣し血液を流すポンプ機能を失ったときに、電気ショックを与え正常なリズムに戻すための医療機器です。
酸素ボンベ/笑気ガス
インプラントや口腔外科オペの際に準備しています。


 Copyright (C) 2000 Kobayashi Dental Clinic. All Rights Reserved.

東浦和インプラントセンター
TEL 048-873-6874

 〒336-0926 さいたま市緑区東浦和5-10-2
センターシティ東浦和2F